コスパ最強AZTECリキッドが今だけ20%OFF【クーポンあり】

ドンキホーテで買えるCBDって安全なの?【失敗しない選び方】

ドンキホーテで買えるCBDって安全なの?【失敗しない選び方】

おたく君

最近ドンキホーテでCBD製品を見かけるけど、あれって安全なの?種類も多いしネットでも売ってるし、何を基準に選べばいいか分からないよ…。安く買えるオススメとかないですか?

こんな悩みを解決していきます。最近のドンキホーテでは、かなり幅を取ってCBDを販売してますよね。気になっている方も多いはず。

そこで今回は、「ドンキホーテのCBD製品は安全なのか?」また「初心者でも失敗しないCBDの選び方」を具体的に解説します。

この記事を読み終えれば、コスパ良くスマートにCBD製品を買うコツが分かるはずです。

MEMO
そもそもCBDってなに?どんな効果があるの?という方は「CBDとは?良い効果だけでなくリスクも知った上で使おう」をご覧ください。

ドンキホーテのCBDって安全なの?

安全です。ドンキホーテのCBD製品は、特に安全なブランドを取り扱ってます。

日本でトップ0.1%の企業

ドンキホーテは、全国で0.1%以下しか存在しない、東証一部に上場する企業のグループ会社です。ハッキリ言って、超大企業。

安全性も保証

このような大企業の棚に、CBDメーカー側が商品を置くことは簡単ではありません。ドンキホーテは自分たちの看板が汚されないよう、製品を厳重にチェックしますから。

逆の例として、フリマアプリは誰でも簡単に出品できますよね。そのため危険性が高いです。

このあたりはCBDを売ってる場所【買ってはいけない場所がある】でも解説しています。

結論として「ドンキホーテの棚に並べられている時点で、ドンキ側の名誉にかけて安全性は保証される」ということです。

ドンキで売られてる安心なCBDブランド

ドンキホーテが取り扱っている「+WEEDの(プラスウィード)」以外のCBDブランドも、念のため紹介しておきます。

下記のブランドは、ドンキが認めたブランドですから、安全性も申し分ないでしょう。

・①:+WEED(プラスウィード)
・②:GREEN BULLDOG(グリーンブルドッグ)
・③:NATUuR(ナチュール)
・④:C-Tec(シーテック)
・⑤:月の葉

おすすめ順です。詳しく解説していきます。

①:+WEED(プラスウィード)

ドンキホーテでは「+WEED」が大きめに取り扱われています。販売している製品はこちら。

・CBDグミ
・スターターキット
・CBDリキッド
・使い捨てポッド

詳しくは「+WEED製品に関する記事の一覧」をどうぞ。それぞれの特徴や実際に使ってみた感想を具体的に解説しました。

1つだけ注意で、お近くのドンキホーテで取り扱っていない場合もあります。

また売れ行きなど様々な理由でドンキ店頭から消えることもあるので、「とりあえず商品を見てみたい!」という方は公式サイトを見ると良いです。

» +WEEDの公式サイトを見る

②:GREEN BULLDOG(グリーンブルドッグ)

「GREEN BULLDOG」もドンキホーテで取り扱われるブランドです。販売しているCBD製品は、以下の3タイプ。

・使い捨てCBDポッド
・CBDカートリッジ
・CBDグミ

使い捨てCBDポッド

GREEN BULLDOG(グリーンブルドッグ)の使い捨てCBDポッド

・特徴①:準備が不要でラク
・特徴③:使い捨てタイプ
・特徴②:コスパは良くない

継続的に使うより、使い捨てなのでリキッドのお試し用ですね。

「+WEED」でも「使い捨て捨てCBDポッド」があります。比較してみましょう。

濃度税込み価格
GREEN BULLDOG30%6050円
+WEED60%9900円

どちらも電池の充電や、リキッドの補充が不要でラクちんなことがメリット。

しかしコスパは悪いため「CBDリキッドを試したいけど(使い続けるか分からないから)VAPE本体は買いたくない」という方向けです。

» GREEN BULLDOGの使い捨てポッドを見る

CBDカートリッジ

グリーンブルドッグのCBDカートリッジの画像

・特徴①:VAPE本体が必要
・特徴②:準備は不要でラク
・特徴③:+WEEDのVAPEと互換性あり

カートリッジは、リキッドのお手軽バージョンのこと。すでにリキッドが入っているため、VAPE本体を持っていればスグに使用できます。

素晴らしい点は「+WEED(プラスウィード)」のVAPEでも使えるところですね。「+WEED」でスターターキットを購入すれば、「GREEN BULLDOG」のカートリッジも試せます。

» GREEN BULLDOGのカートリッジを見る

CBDグミ

グリーンブルドッグのCBDグミの画像

・特徴①:食べるだけ
・特徴②:CBD特有の草感がなく美味しい

CBDグミは食べるだけでカンタン。まだ蒸気での吸引に慣れていない人、または抵抗がある人におすすめのCBD摂取方法です。

» GREEN BULLDOGのグミを見る

③:NATUuR(ナチュール)

「NATUuR」もドンキで取り扱われるブランドです。販売するCBD製品は2タイプ。

・CBDペン
・CBDカートリッジ
・CBDリキッド

CBDペン

NATUuR(ナチュール)のCBDペンの画像

CBDペンとは「+WEED」で言うところの、使い捨てポッドのこと。

VAPE本体が不要で、これも「リキッドのお試し用」として購入される方が多いです。

» NATUuRのCBDペンを見る(CBDMANiAで探す)

CBDカートリッジ

NATUuR(ナチュール)のCBDカートリッジの画像

CBDカートリッジとは、リキッドが注入されている製品のこと。

詰め替え作業がいらないので、VAPEさえ持っていれば、家に届いた瞬間から楽しめます。

» NATUuRのCBDカートリッジを見る(CBDMANiAで探す)

CBDリキッド

NATUuR(ナチュール)のCBDリキッドの画像

CBDペンで吸い心地が気に入れば、リキッドタイプで本格的にCBDライフを始めると良いでしょう。

濃度は低いものが多いため、「NATUuRのCBDリキッド」はどちらかと言えば初心者向けかと思います。

» NATUuRのCBDリキッドを見る(楽天で探す)

④:C-Tec(シーテック)

シーテックのカートリッジの画像

「C-Tec(シーテック)」もドンキホーテで取り扱われるブランドです。

しかし店舗によっては扱っていないドンキも多かったですね。

このブランドの特徴は「取り扱うCBD製品はカートリッジのみ」であること。

しかしドンキホーテで見かけないことも多いため、公式サイトからの購入が手っ取り早いです。

» C-Tec(シーテック)の公式サイトを見る

⑤:月の葉

月の葉のCBDリキッドの画像

こちら「月の葉」もドンキホーテで取り扱われるブランドです。

販売しているのはリキッドだけで、VAPE本体は自分で用意する必要があります。

特徴は優しめのCBD感。そしてメンソールのフレーバーであることですね。わりと低価格なので気軽に楽しめます。

» 月の葉のCBDリキッドを見る(楽天で探す)

結論:+WEEDが最強スペック

この中であれば「+WEED」が1番良かったです。「製品の安全性・品質・種類・アフターフォロー・評判」など、総合的に見ても「+WEED(プラスウィード)」の圧勝かなと。

+WEEDのCBD製品には、フルスペクトラムでありながら濃度60%のリキッドも。スペックにおいては、ドンキ内だけでなく全CBD製品の中でトップ。

どれを取っても、ドンキホーテで売られているCBDブランドでは「+WEED(プラスウィード)」が優勝でした。

» +WEEDに関する記事の一覧を見る

CBDの失敗しない選び方【まず低濃度より始めよ】

ドンキホーテで販売されているCBD製品を紹介しました。

ここで「どんな製品があるか分かったけど、何を基準に選べば良いか分からない」という方のため、目的に合ったCBDの選び方を解説します。

CBDの試すべき順番を決定

試すべき順番は下記のとおり。

初心者がCBDを試すときのおすすめの順番

挑戦したい人がCBDを試す際のおすすめの順番

MEMO
CBDカートリッジは、CBDリキッドがすでに注入されている製品。バッテリーに装着するだけで、サクッと吸引できます。

初心者コースの「CBDグミ」から始める人は、【厳選】CBDグミのおすすめを紹介【選び方も解説】をご覧ください。

冒険コースの「カートリッジ」から始める人はCBDカートリッジはこれを選べ【厳選7選】をどうぞ。

グミは効果が優しめ

CBDグミは本当に効果が優しめです。もしかしたら効果を感じない人もいるかも。

しかし誰でも安全に楽しめるのは「グミ」でして、初心者のCBDデビューとしておすすめ。不安な方はCBDグミからどうぞ。

もし気心の知れた友人に紹介するのであれば、リキッドのお手軽版「カートリッジ」をおすすめしますね。グミより効果が強めです。

まず低濃度から始めよう

忘れてはいけないのが「CBDは低濃度から始めよ」ということ。

グミは関係ありませんが、CBDカートリッジは濃度の高い製品もあります。

いきなり高濃度CBDを吸引して「ゲホッ、なにこれ、めちゃむせる、もうCBDいらね」と嫌いになったら、非常にもったいないですから。

とにかく「低濃度から始める」こと。これだけ守れば、まず失敗することはありません。

»【厳選】CBDグミのおすすめランキング

» CBDカートリッジはこれを選べ【厳選7選】

まとめ:ドンキホーテで買えるCBDって安全なの?【失敗しない選び方】

・ドンキのCBDは安全
・ブランドでは「+WEED」一択
・CBDは、まず低濃度から始めよ

ブランドは「+WEED」一択で、種類や安全面でも飛びぬけてます。

ドンキホーテのCBD商品は安全ですが、コスパの面から言えばネットで買う方がお得です。

CBD製品は決して安い商品ではないですから、ネットからスマートにお買い物するのが吉ですね。

それでは今後も、良いCBDライフをお楽しみください。

»【厳選】CBDグミのおすすめ人気ランキング

» CBDカートリッジはこれを選べ【厳選7選】

合わせて読んでおきたい記事

CBDグミとは?じつは食べるだけじゃ効果がない!?【本音を語る】CBDグミとは?じつは食べるだけじゃ効果がない!?【本音を語る】CBDカートリッジとヴェポライザーが並んでいる図CBDカートリッジならコレを選べ【おすすめ超人気ブランド7選】CBDワックスとCBDリキッドの違いを解説する【図解】CBDワックスとリキッドの違い【自分に合った製品を選ぼう】CBDリキッドの使い方を示す男CBDリキッドの使い方を解説【CBDの力を引き出す方法】