コスパ最強AZTECリキッドが今だけ20%OFF【クーポンあり】

中学生でも分かる!CBD濃度と含有量の違い&計算方法

中学生でも分かる!CBD濃度と含有量の違い&計算方法

おたく君

CBD濃度だったりCBD含有量だったり、CBD商品の表記がバラバラで買う時に困る。まいど計算するのもメンドクサイ。どっちを基準にCBD製品を選べばいいか教えて。

数学の知識は不要。算数を知っていれば理解できるように解説します。

※本記事で取り扱うCBD製品の容量や含有量の数字は目安です。実際のCBD製品の数値とは異なる場合があるので、あらかじめご了承ください。

濃度と含有量はなにが違うの?

CBDの濃度と含有量の説明

濃度とは全体に対する「CBDの割合」を、含有量は入っている「CBDの量」を表します。

濃度と含有量の計算方法

それでは実際に計算しながら、理解を深めていきましょう。

問題1:濃度を求めましょう

CBD濃度を求める問題1

ヒント
1ml = 1g = 1000mg で考えてください

問題1の答え

CBD濃度を求める問題1の答え

合ってましたか?それでは次の問題です。

問題2:含有量を求めましょう

CDBの含有量を求める問題2

ヒント
5% = 5/100 です。

問題2の答え

CBDの含有量を求める問題2の答え

実際の商品で濃度と含有量を計算してみよう

ここから購入を想定した計算をしてみます。

問題1:含有量を求めてから、CBD1mg あたりの値段を求めましょう

実際のCBD製品の含有量を計算する問題

含有量はすぐに分かりますよね。その後に、2つのコスパを比べるため「CBD1mg あたりの値段」も求めてみましょう。

ヒント
税込み価格 ÷ CBD含有量 = CBD1mgあたりの値段 です。

問題1の答え

実際のCBD製品から含有量を求める問題の答え

上記の結果から、「左:CBDリキッド」のほうがコスパが良いことが分かります。

計算の結果を、表にまとめました。

CBDリキッドとCBDカートリッジを比較した図

マメ知識
CBDカートリッジは本来、CBDリキッドのお試し版のような役割です。CBDカートリッジは、リキッドの詰め替え作業がない分、値段は高め。CBDリキッドは詰め替え作業がある分、値段は安くなります。
CBDカートリッジとヴェポライザーが並んでいる図CBDカートリッジならコレを選べ【おすすめ超人気ブランド7選】

問題2:CBDオイルの濃度を求めてください

CBDオイルの濃度を求める問題

今回はノーヒントでいってみましょう。ちなみに、問題1の製品とパッケージや含有量が同じですが、計算すると濃度は異なります。

問題2の答え

CBDオイルの濃度を求める問題の答え

問題1の製品とパッケージや含有量が同じですが、濃度は違いましたね。このようにパット見では数値が分からない製品もあります。

そのため購入時は「容量・含有量・濃度」をしっかり見て、ときには簡単な計算もしつつ、自分の求めるCBD製品を選んでください。

【濃度・含有量】どっちを基準にCBD製品を選べばいいの?

ここからCBD製品を購入するときの注意点になります。

CBDは「濃度と成分」で選ぼう!含有量はコスパ計算に使用

含有量が同じ商品でも、「濃度と成分」が異なれば使ったときの体感は異なります。

反対に「濃度と成分」が同じなら、別ブランドのCBD製品でも使用感は似たものになります。

CBDの使用感を決めるのは「濃度と成分」です。そのため「濃度と成分」で選んで、含有量でコスパを比べて購入するCBD製品を決めます。

あなたに合った濃度と成分の選び方

弱め普通強め
濃度~10%11~20%21%~
成分アイソレート(ブロードスペクトラム)フルスペクトラム
補足
フルスペクトラムとは、CBD以外のカンナビノイドも含まれるよ、という意味。ブロードスペクトラムとは、フルではないけどCBD以外の成分も入ってるよ、という意味です。

詳しくは「【解説】フルスペクトラムとは?」か「【解説】ブロードスペクトラムとは?」の記事をご覧ください。

とはいえブロードスペクトラムの製品は取り扱うブランドも少ないので、基本は「アイソレート」か「フルスペクトラム」の2択から選びます。

組み合わせとして考えられるのは、こんな感じ。

初心者向け「低濃度×アイソレート」
中級者向け「高濃度×アイソレート」
「低濃度×フルスペクトラム」
上級者向け「高濃度×フルスペクトラム」

上記のように、欲しいCBDの組み合わせで製品を探して、最終的に「含有量」からコスパを比べて決定します。

実際に僕がCBDを選ぶとき、考えていることを再現

3つのステップに分けて考えます。

STEP.1
製品タイプの決定
製品タイプ説明
CBDオイル舌下に垂らすだけ
CBDリキッドヴェポライザー(VAPE)に入れて蒸気で吸う。詰め替え作業アリ。
CBDカートリッジヴェポライザー(VAPE)にセットして蒸気で吸う。詰め替え作業ナシ。ラクちん。
CBDワックスヴェポライザー(VAPE)に入れて蒸気で吸う。詰め替え作業アリ。
CBDグミ食べるだけ

おたく君

蒸気でカッコよくCBDを吸いたいな。もうヴェポライザー(VAPE)は持ってるから、今回はCBDリキッドを購入しよう!

CBDリキッドの吸引方法を解説した図

CBDリキッド蒸気で吸引するには、ヴェポライザー(VAPE)という専用の機械が必要です。詳しくは下記をどうぞ。

CBD用ヴェポライザー(VAPE)のおすすめ【失敗しない使い方】CBD用ヴェポライザー(VAPE)の使い方とおすすめ3選【サクッと決めるがコツ】

次に濃度と成分を決めます。

STEP.2
濃度と成分の決定

おたく君

強すぎないのがいいから、濃度10%くらいのCBDリキッドが欲しいな。だけどCBD感はしっかりと味わいたいから、フルスペクトラムCBD製品にしよう!

おおよその見当はついたので、条件に当てはまるCBD製品を調べます。

この中から購入するCBD製品を選ぶ

STEP.3
コスパで最終決定

どちらも容量10mlなので、必然的に値段の安いほうがコスパが良いことになります。今回であれば「AZTEC」のCBDリキッドで決まりですね。

さらにCBD専門ECサイトから購入すると、大量のポイント還元が受けられるので、CBDの購入を考えている人は必見です。詳しくは下記をどうぞ。

CBD製品を売ってる場所ってどこ?【おトクで安全に買う方法アリ】CBD製品を売ってる場所ってどこ?【おトクで安全に買う方法アリ】

よくある質問まとめ

スペックの高い製品から初心者向けまで、豊富な製品を取り扱う3つの大手CBDブランドから選べば間違いありません。

3つの大手CBDブランド本社のある国
プラスウィード

日本
ファーマヘンプ

スロベニア
アステカ

イギリス

この中から、自分の求める「濃度と成分」に当てはまる製品を調べ、最後にコスパで比べればOKです。

» +WEEDを解説した記事を見てみる

» Pharma Hempを解説した記事を見てみる

» AZTECを解説した記事を見てみる

フルスペクトラムはCBD以外のカンナビノイドも含まれるからです。それにより高い効果を得られるため、値段も高くなります。

フルスペクトラムとアイソレートの値段の違い

» +WEEDのCBDリキッドを見てみる

つまりコスパだけを考えればアイソレートがおトクです。

CBD製品をコスパ良く楽しむコツ【CBD歴2年が解説】CBD製品をコスパ良く楽しむコツ【CBD歴2年が解説】

1~10%のあいだ。1桁の濃度から慣れるのが良いです。

成分はフルスペクトラムは強めなので、まずはアイソレートから始めるのがおすすめですね。

アイソレート製品は、「CBD純度99%」または「ピュアCBD」と書いてます。例えば下記のように。

アイソレートの見分け方

MEMO
この商品の10%は濃度のこと。この製品の純度99%とは、CBDだけが成分として溶けてるということ。紛らわしいですね。

フルスペクトラム製品の場合は、そのまま「FULL SPECTRUM or フルスペクトラム」と書かれています。下記をご覧ください。

フルスペクトラムの見分け方

MEMO
フルスペクトラムなのでCBD,CBN,CBG,CBCなど多種のカンナビノイド成分が含まれています。詳しくは「【解説】フルスペクトラムとは?」の記事をご覧ください。

ここまでの説明でも「ぶっちゃけどれを選んでいいか分からん」という方へ。ご安心ください。

何も分からない人でも、これさえ選んでおけばOKというCBD製品があります。下記をどうぞ。

【初心者必見】CBDデビューならこれ【CBD歴2年がアドバイス】【初心者必見】CBDデビューにおすすめな製品を紹介【CBD歴2年がアドバイス】

まとめ:中学生でも分かる!CBD濃度と含有量の違い&計算方法

CBDの濃度と含有量について

・CBDは濃度と成分で選ぼう

・含有量でコスパを計算→最終決定

・決められない人は「初心者必見!CBDデビューはこれで決まり」の記事をどうぞ

ブランドによっては、含有量だけ公開して濃度を書いていない製品もあります。

今回の記事で紹介したように、自分で計算できれば濃度が書いてなくとも把握できます。

自分で計算できると、求めていた製品と違うものを購入する、なんて間違いも起きません。

ぜひCBD製品を購入するときは、この記事を思い出して自分にあった濃度と成分で探してみてください。

知っておきたいCBD基礎

【CBDとは?】良い効果だけでなくリスクも知った上で適切に使おう

CBD購入前に読んでおきたい記事

【初心者必見】CBDデビューならこれ【CBD歴2年がアドバイス】【初心者必見】CBDデビューにおすすめな製品を紹介【CBD歴2年がアドバイス】