コスパ最強AZTECリキッドが今だけ20%OFF【クーポンあり】

CBDは効果ないと思ってませんか?【購入前に知っておくべき事実】

おたく君

CBD製品で効果ないって口コミを見た。実際に使ってみたけど、何も感じなかった。もしかして効果ないCBDもあるの?

こんな悩みを解決していきます。

本記事を読めば、CBDの正しい知識を身に付けて、あなたに合ったCBD製品を購入できるようになります。

そもそもCBDにどんな効果があるか知らない・・そんな人は下記からどうぞ。

【CBDとは?】良い効果だけでなくリスクも知った上で適切に使おう

CBDに効果がないと感じる理由

効果ないと感じる理由
・理由①:CBDに期待しすぎた

・理由②:摂取量が少なかった

・理由③:摂取方法を間違えた

CBDに効果ないと感じる理由①:CBDに期待しすぎていた

本記事の中でイチバン言いたいことです。

  • CBDに即効性の効果はない:効き目を感じるのは1ヶ月ほど経ってから
  • CBDは悪い状態を良くする効果:健康な人が使っても、それ以上に健康にはならない

CBDに効果ないと感じる人の多くは、すでに健康であることが考えられます。

CBD製品は健康増進サプリではなく、体を自然な状態に戻す「漢方」のような存在だと思ってください。

CBDに間違ったイメージを抱く理由

おそらく「CBD製品の原料が大麻草であること」が原因かなと。

大麻を吸うとハイになります。そしてCBD製品にも同様の効果を期待してしまう人がとても多い。

しかし大麻とCBD製品はまったくの別物です。WHOも公言しています。CBD製品にはハイになる精神作用も依存性もありません。

CBDの危険性とは?安全に使う方法は?【WHOの報告書から解説】CBDの危険性とは?安全に使う方法は?【WHOの報告書から解説】

CBDの効果の真実

本来のCBDの効果は、体内環境を維持する機能(ホメオスタシス)を直すことです。

人に備わる恒常性(ホメオスタシス)は、ストレスや加齢によって衰えます。その働きを補ってくれるのが、CBD製品です。

エンドカンナビノイドシステムを模した図ECS:エンドカンナビノイドシステム【CBDが体内で働く仕組み】

つまり「徐々に体が整って、気づいたら健康になっている」というのがCBD製品の効果です。体感がなくとも、効果はあります。

また、抱えるストレスの度合い・病気の症状によってCBDの体感は変わります。

健康な人はCBDの体感が薄くなる・・ということを理解しておきましょう。

CBDに効果ないと感じる理由②:摂取した量が少なかった

CBD製品と一口に言っても、含まれるCBD量はバラバラです。濃度が低いCBD製品だと、効果を感じられないことがあります。

下記は、各CBDブランドの最高濃度リキッドを比較した表です。

ブランド名種類・CBD量CBD濃度瓶の容量
+WEEDフルスペクトラムCBD・6000mg60%10ml
AZTEC(アステカ)フルスペクトラムCBD・2000mg20%10ml
Pharma HempフルスペクトラムCBD・500mg5%10ml
KOI(コイ)アイソレートCBD・1000mg3.3%30ml
CBDfxアイソレートCBD・1000mg3.3%30ml

フルスペクトラムCBDとは、CBD以外のカンナビノイドも入ったCBD製品だよ、という意味。CBDだけ=アイソレートCBD製品より、強めの効果を味わえます。

【解説】フルスペクトラムCBDとは?人生にいちどは体験すべき一品【解説】フルスペクトラムCBDとは?人生にいちどは体験すべき一品

濃度が低いとCBD摂取量も少なくなる

上の表で注目すべきは「濃度」です。例えば「CBDfx」を見ると、濃度が3.3%。それに対して「+WEED」のCBDリキッドは濃度が60%です。

つまり+WEEDのリキッド1滴と同じ量を摂取するには、CBDfxのリキッド約18滴を摂取しなければなりません。

濃度によって効果に差が出ることは、イメージできますよね。

購入時は「濃度&フルスペクトラム」を見よう

つまり強めの効果を体感したい人は、CBD含有量の高さではなく、CBD濃度の高い製品を。

そしてアイソレートではなくフルスペクトラムCBD製品を選ぶと良いです。

後ほど、あなたに合った濃度の選び方も解説します。

CBDに効果ないと感じる理由③:摂取方法に問題があった

よくある間違いは、CBDリキッドにおける吸引。白い蒸気をふかす人が多いです。

白い蒸気を吐き出すことは、つまりCBDを体内に取り込まず、そのまま吐き出しているのと同じ。

肺にためてCBDをしっかり吸引できると、蒸気は透明に近づきます。

その他CBD製品の摂取のコツ

どんな製品タイプでも、基本的に「ためること」が大切です。

種類最大限に効果を味わう方法
CBDグミ噛んでから、30秒ほど口にためる。
CBDリキッド吸ってから、10秒ほど肺にためる。
CBDワックス吸ってから、10秒ほど肺にためる。

さらに詳細を知りたい方は、下記をどうぞ。

その食べ方...損してます!CBDグミを最大に味わう食べ方を解説その食べ方…損してます!CBDグミを最大に味わう食べ方を解説CBDリキッドの使い方を示す男CBDリキッドの使い方を解説【CBDの力を引き出す方法】CBDワックスの使い方【画像付き】CBDワックスの使い方を徹底解説【蒸気で吸引がベスト】

CBDは効果ない!と思っている人におすすめのCBD製品

ここからは「実際に使ってみたけど、何も感じなかった」という人にも向けた解説です。

CBDは効果ないと言う前に試して欲しい製品

使ってみたけど効果ないよ。そう思っている人におすすめしたいのが「フルスペクトラムCBD製品・高濃度CBD製品」の2つ。

フルスペクトラムCBD製品とは

フルスペクトラムの見分け方

繰り返しですが、フルスペクトラムとは「CBD以外も入ってるよ」という意味。CBD以外のカンナビノイドやテルペンも含まれています。

【解説】フルスペクトラムCBDとは?人生にいちどは体験すべき一品【解説】フルスペクトラムCBDとは?人生にいちどは体験すべき一品テルペンとは?【CBD製品の隠れた有益成分】テルペンとは?論文を用いて解説【CBD製品の隠れた有益成分】

これらCBD以外の成分が入っていることにより、相乗効果(正式にはアントラージュ効果)が生まれ、より強めの効果を体感できます。

高濃度CBD製品とは

ワックスやリキッドなどCBD製品の中で、とりわけ濃度の高いものです。

明確な線引きはありません。一般的に10%以上は高濃度と言われています。

10%を超える濃度であれば、アイソレートCBD製品であっても十分に効果を期待できます。

注意:初めての人は低濃度から始めるべき

先ほどのフルスペクトラムCBD製品・高濃度CBD製品は、あくまで「実際に使ったけど効果ない人」に向けた紹介になります。

CBDを使ったことがない人は、まず低濃度から始めるのが無難です。

おたく君

CBDグミは食べたことあるけど、CBDリキッドは使ったことないんだよね。こんな場合も低濃度から始めるべき?

その通り。CBDリキッドに限らず、初めての製品タイプであれば低濃度から始めてください。

失敗談:慣れないうちにワックスを購入

CBDリキッドなどを飛ばして、いきなりフルスペクトラムCBDワックス(濃度68%)を購入したことがあります。

結果は予想通り、1吸いだけでゲホゲホとむせました。しかも15分ほど止まりませんでした。(現在は慣れたのでむせることもありません)

初めてのCBDでこんな経験をしてしまうと、CBDを嫌いになってしまうかもです。どうか僕と同じ過ちは犯さないように。

大事なことなのでもう一度いいます。まずは低濃度から、徐々に慣れてください。

【初心者必見】CBDデビューならこれ【CBD歴2年がアドバイス】【初心者必見】CBDデビューにおすすめな製品を紹介【CBD歴2年がアドバイス】
補足
摂取するCBD量も多ければ多いほど効果が高まることはありません。ですから無茶をせず、低濃度から徐々に試して、あなたに合った最適なCBDを探してください。

最後に:CBDに大麻のイメージを持たないで欲しい話

これだけ分かってほしいのですが、CBDは大麻とは違います。いくら摂取しても精神作用や依存性はありません。

【疑問】CBDは違法なの?合法です【法律が認めている】【疑問】CBDは違法なの?合法です【法律で認められてる】

CBDは大麻草から作られますが、法律にもWHOにも認められた有益な成分です。

長い目でみて効果を体感してください

本記事を通して言いたいのは「CBDには過剰な効果を期待せず、正しい認識で使って欲しい」ということです。

CBD製品はクスリではありません。便利グッズでもありません。

ストレスを抱えているなど、体調が優れない人はとくに効果を体感できます。

それでも効果ないなと感じる人は、少なくとも1ヶ月ほど、継続的に使用してみてください。

CBDは体感がなくとも、徐々に体を整えてくれます。

ハイになるとか過剰な効果は期待せず、長い目で効果を楽しんでいただけると嬉しいです。

まとめ:CBDは効果ないと思ってませんか?【購入前に知っておくべき事実】

CBDは効果ない?:まとめ

・CBDはクスリじゃない

・悪い状態を良くする効果がある

・健康な人は効果を感じないかも

・継続的に使用して、長い目で効果を楽しんでください

CBD製品の効果は、体の調節機能を整えて、徐々に健康にしてくれることです。体感がなくとも、効果は得られます。

大麻草から作られるCBD製品ですが、イメージに惑わされず、正しい知識を持ってCBDライフをお楽しみください。

知っておきたいCBDの常識

【CBDとは?】良い効果だけでなくリスクも知った上で適切に使おう

購入前に確認すべきCBD情報

【初心者必見】CBDデビューならこれ【CBD歴2年がアドバイス】【初心者必見】CBDデビューにおすすめな製品を紹介【CBD歴2年がアドバイス】CBD製品を売ってる場所ってどこ?【おトクで安全に買う方法アリ】CBD製品を売ってる場所ってどこ?【おトクで安全に買う方法アリ】