コスパ最強AZTECリキッドが今だけ20%OFF【クーポンあり】

【HERBS(ハーブス)のCBDリキッド】大容量15mlで吸いごたえもある良品

【HERBSのCBDリキッドをレビュー】大容量15mlで吸いごたえもある良品

おたく君

HERBS(ハーブス)のCBDリキッドを見たんだけど、どんな製品なのかな。他社製品と比べて安かったりスペックが良かったりする…?実際に使ってみた人の感想が聞いてみたいな

こんな悩みを解決していきます。

MEMO
CBDリキッドのおすすめランキングを「【最新版】CBDリキッドおすすめランキング【厳選】」の記事で紹介しています。合わせてどうぞ。

HERBS(ハーブス)のCBDリキッドをレビュー

日本製CBDブランドの「HERBS(ハーブス)」は、高品質で安全なブランドとして有名です。

そんなHERBS(ハーブス)のCBDリキッドを使ってみたので、感想をレビューしていきます。

HERBS(ハーブス)リキッドの製品スペック

HERBSのCBDリキッドのイメージ画像

濃度1%3%5%10%
容量15ml
成分アイソレート
フレーバー5種類
税込み価格2,200円5,060円7,260円13,200円

CBD製品の成分タイプは3つあります。アイソレートは成分がCBDのみ。(HERBSはこれ)

濃厚なフレーバーと優しい吸いごたえ、さらにコスパが良いことも特徴です。

MEMO
CBD以外のカンナビノイドを含むタイプは「ブロードスペクトラム」や「フルスペクトラム」と呼ばれます。吸った時のCBD感が強く、価格も高いことが特徴です。

フレーバーは5種類

メンソール吸いごたえバツグン、クリアで鼻に抜ける爽快感が楽しめる
カンナビス天然の麻を再現した、CBD特有の草っぽい香りが楽しめる
ナチュラルノンフレーバーで、他のリキッドと混ぜて使うことが多い
ストロベリーマンゴーサッパリとしたストロベリーと濃厚なマンゴーが楽しめる
レモンティーレモンの酸味と紅茶のほろ苦い風味がマッチしたドリンク系フレーバー

吸いやすいのは「ストロベリーマンゴー」ですね。甘すぎない、ほどよい香りで飽きません。

CBD特有の草っぽい香りが好きな方は「カンナビス」がおすすめ。万人受けしませんが、吸ってる感がスゴイので個人的に好きです。

吸引にはVAPEが必要

HERBSのCBDリキッドを吸引するにはVAPEが必要

CBDリキッドは蒸気で吸引するので、VAPE(ヴェポライザー)が必須です。

MEMO
VAPEとはアトマイザーとバッテリーを合わせた呼び方。吸引には2つの部品が必要。

ヴェポライザ―はアトマイザーとバッテリーの2つの部品から構成される

まだVAPEを持っていない方は、「おすすめCBD用ヴェポライザー3選【使い方も解説】」の記事をご覧ください。

おすすめヴェポライザーと初心者でも分かるよう使い方を解説しています。

HERBS(ハーブス)のリキッドを使ってみた感想

こちら「濃度10%」の「ストロベリーマンゴー」フレーバーを吸ってみました。

【HERBSのCBDリキッドをレビュー】大容量15mlで吸いごたえもある良品

CBDの本場:アメリカから原料を輸入し、国内で製造しています。

使われている成分も記載されており、もちろん違法成分のTHCは入っていません。

HERBSのCBDリキッドの原材料

PGプロピレングリコール。物質を水に溶かす性質がある。高い吸湿性があり化粧品にも使われている。
VG植物性グリセリンの略称。おもにヤシの実から採取される。もともと人体に含まれる成分なので、危険性はない。
香料香りをつけるための原料。微量(0.01%以下)のため、まとめて香料と記載されている。

どれもCBDリキッドの主成分によく使われており、危険性はありません。

HERBSのCBDリキッドの結晶化についての注意書き

結晶化の注意書きがありますが、アイソレートかつ濃度も10%と低いため、まず結晶化しないです。

もしリキッドが結晶化した場合は、ジッパー付きの袋に入れて60~70℃のお湯で湯煎することで、結晶が溶けます。

HERBSのCBDリキッドとヴェポライザー

吸引に必要なものを用意しました。左から「CBDリキッド・バッテリー・アトマイザー」です。

さてリキッドを注入していきますが、ここで注意点が1つ。

HERBSのCBDリキッドをアトマイザーに注入する画像

周りのタンク部分にリキッドを注入します。

真ん中の穴にリキッドを入れると、故障してしまうので注意です。

HERBSのCBDリキッドをヴェポライザーにセットした画像

アトマイザーにリキッドを注入したら、あとはバッテリーと合体するだけ。

これでCBDリキッドを蒸気で吸引できるようになりました。

吸引のコツ
効率的にCBDを体内へ吸収させるコツは、肺に10秒ほどためることです。吸った蒸気をすぐに吐いて、爆煙を楽しむ人がいますがNG。CBDをしっかり体感したいなら「肺にためる」ことです。

吸った感想

驚いたことに、しっかり吸いごたえがありました。アイソレートだと思って、なめていたことを反省です…。

ノドの刺激やCBD感は、他のアイソレート製品とは明らかに違いがありました。普段はフルスペクトラムばかり吸う僕ですが、これならアイソレートでも満足。

ストロベリーマンゴーのフレーバーは、ねっとりした甘みではなくスッキリした後味で飽きがきません。15mlすべて使い切るまで楽しめそうです。

HERBS(ハーブス)の安全性について

HERBSのロゴ

HERBS(ハーブス)は東京に本社を置く「株式会社ジービーエス」が立ち上げた日本製CBDブランドです。

成分分析表を公開しており、違法成分のTHCが含まれていないことも確認できます。

HERBSのCBDリキッドの成分分析表

またCBDの原料は、輸入の際に厚生労働省からの許可が必要です。

いま現在CBD製品を販売しているということは、厚生労働省から認められたCBDブランドであるということ。まず安全で間違いないです。

HERBS(ハーブス)CBDリキッドのメリットとデメリット【他社製品と比較】

HERBS(ハーブス)のCBDリキッドは、他社より容量が1.5倍あるため、濃度をそろえて比較します。

濃度容量成分税込み価格
HERBS(ハーブス)10%15mlアイソレート13,200円
+WEED10%10mlアイソレート16,390円
CannaTech10%10mlブロードスペクトラム8,980円
AZTEC10%10mlフルスペクトラム14,800円

もしHERBS(ハーブス)リキッドの容量が他社と同じ10mlであれば「8,800円」ということになります。コスパはかなり良い。

コスパが良い理由

CBD製品の価格は「濃度」と「カンナビノイド量」に比例します。

CBD製品の価格と濃度やカンナビノイド量の相関

上記の画像の通り。濃度が高くなれば、価格も高くなる。またCBD以外のカンナビノイド量が増えると、価格は高くなります。

HERBS(ハーブス)のリキッドは成分が「アイソレート」のため、容量が大きくとも低価格を実現できるのです。


以上から、HERBS(ハーブス)のメリットとデメリットを考察します。

・メリット①:大容量かつ低価格
・メリット②:吸いやすい
・メリット③:濃度が選べる
・デメリット①:CBD感は弱い
・デメリット②:VAPEセットがない

HERBS(ハーブス)CBDリキッドのメリット

メリット①:大容量かつ低価格

ほとんどのCBDリキッドは容量10mlですが、HERBS(ハーブス)のCBDリキッドは15mlです。1.5倍の容量。

単純な話、容量が大きい製品であるほど、コスパは上がります。

濃度1%だったら2,200円ですからね。高価なものが多いCBD製品の中で、これは破格。

メリット②:吸いやすい

HERBS(ハーブス)のCBDリキッドはアイソレート(CBDだけ)のため、ノドや肺への刺激は少なく、初めての人でもスッキリ吸いやすいです。吸いごたえよりも、吸いやすさを求める人にピッタリ。

またアイソレートだとフレーバーも濃厚になります。甘いフレーバーで楽しみたいと思っている人に嬉しい製品です。

メリット③:濃度が選べる

HERBS(ハーブス)のリキッドは「1%,3%,5%,10%」と4つから、好みの濃度を選べます。

ぶっちゃけ、いきなり10%でも問題なしです。アイソレートなので、10%でも刺激は強すぎない。

そうは言っても不安だ…という方は、ムリせず1%~5%からどうぞ。徐々に高い濃度を試してみてください。

HERBS(ハーブス)CBDリキッドのデメリット

デメリット①:CBD感は弱い

アイソレート製品ですから、当たり前ですがCBD感は弱め。CBDの吸引に慣れている人には物足りないかも。

しかし「いきなり刺激が強いのは怖いな…今は優しいCBDリキッドが欲しい」と思っている方には、ピッタリのCBDリキッドです。コスパも良いですからお試しにちょうどいい。

デメリット②:VAPEセットがない

HERBS(ハーブス)にはVAPEのセット販売がありません。そのため自分でCBD用ヴェポライザー(VAPE)を用意する必要があります。

まだ自分のVAPEを持っていない方は「おすすめCBD用ヴェポライザー3選【使い方も解説】」の記事を参考にどうぞ。

以上のメリットとデメリットを踏まえて、お財布と相談しながら購入をご検討ください。


もっと別のCBDリキッドが見たいな・・という方は「【最新版】CBDリキッドおすすめランキング【厳選ブランド】」をどうぞ。

HERBS(ハーブス)のCBDリキッドはどこで売ってる?

HERBS(ハーブス)のCBDリキッドは「HERBS(ハーブス)公式サイト」で購入できます。

HERBS(ハーブス)公式サイトで購入する手順

初めて利用する方が多いと思うので、購入までの手順を共有しておきます。

PCもスマホも、ほぼ同じ画面でした。僕はPCの画面で進めますね。

STEP.1
HERBS(ハーブス)へアクセス
STEP.2
濃度とフレーバーを選ぶ
HERBS公式サイトでCBDリキッドを購入する手順①:濃度とフレーバーを選ぶ
STEP.2
カートに入れる
HERBS公式サイトでCBDリキッドを購入する手順②:カートに入れる
STEP.3
購入手続きへ進む
HERBS公式サイトでCBDリキッドを購入する手順③:購入手続きへ進む
STEP.5
必要事項を入力する
住所や氏名の入力HERBS公式サイトでCBDリキッドを購入する手順④:住所を入力

支払い方法の選択HERBS公式サイトでCBDリキッドを購入する手順⑤:支払い方法の選択

PAY IDに会員登録するHERBS公式サイトでCBDリキッドを購入する手順⑥:会員登録する

※注:PAY IDに会員登録(無料)すると、次回から住所や支払い方法の入力が省略されます

STEP.6
内容を確認して注文を確定
HERBS公式サイトでCBDリキッドを購入する手順⑦:購入を完了する

以上で完了です。操作は画面に従うだけのカンタンなもので、1分ほどで終わりました。

よくある質問

適量は体重などによって個人差ありです。体重70㎏の僕は1回につき5~10吸引ほど。

ただしこれは目安です。CBDの吸い過ぎで悪影響が出ることはないので、気のすむまで吸うのもアリ。

» 参考記事:CBDに危険性はない話 | 使いすぎによる危険性は?

はじめは少なめに、徐々に増やして自分にとっての適量を探すことをおすすめします。

薬ではないので、朝昼晩いつでもOK。おすすめは夜です。

部屋の明かりを消し、イスに体重をあずけ、静かな音楽をかけながらCBDを楽しむ。至福のひとときです。ぜひお試しを。

1ヶ月と少しですね。もちろん使い方によって2週間の場合や、2ヵ月以上もつ場合もあります。1日10パフくらいであれば、1か月と少しはもつはずです。

まとめ:HERBS(ハーブス)のCBDリキッド【大容量15mlで吸いごたえもある良品】

HERBSのCBDリキッドのイメージ画像

濃度1%3%5%10%
容量15ml
成分アイソレート
フレーバー5種類
税込み価格2,200円5,060円7,260円13,200円
・15mlと大容量かつ低価格
・アイソレートで吸いやすい
・4種の濃度と5種のフレーバー

今回はHERBS(ハーブス)のCBDリキッド(濃度10%・ストロベリーマンゴー)を使ってみました。

イチバン印象に残ったのは、アイソレートとは思えない刺激とCBD感です。CBDに慣れている人でも満足できそう。

おすすめは濃度10%ですが「まだ怖いな…」と思う方は、低い濃度から徐々に試すのもアリ。

フレーバーがスッキリ美味しいので、CBDが初めての人も楽しめます。ぜひHERBS(ハーブス)のCBDリキッドで、快適なCBDライフをお楽しみください。

他のCBDリキッドも見てみたい方へ

人気ブランドから無名のブランドまで、あらゆるCBDリキッドを試してきた僕が紹介する「【最新版】CBDリキッドおすすめランキング【厳選】」をご覧ください。

まだVAPEを持っていない方は「おすすめCBD用ヴェポライザー3選【使い方も解説】」の記事も合わせてどうぞ。