コスパ最強AZTECリキッドが今だけ20%OFF【クーポンあり】

Koi(コイ)のCBDオイル!ほんのり甘くて美味しい【過去イチの良品】

Koi(コイ)のCBDオイルと箱

おたく君

Koi(コイ)のCBDオイルが飲みやすくてって聞いたけど本当…?あんまりCBDが感じられなかったら嫌だな…。興味あるけど手を出すか迷う…。

Koi(コイ)のCBDオイルは味が整えられており飲みやすいです。しかし万人向けではありません。

本記事では実際に使ってみた感想から、どんな人にピッタリのCBDオイルなのか?を解説していきます。

すこし宣伝ですが、初めてのCBDオイル!おすすめランキング12選【徹底比較】で、CBDおたくが厳選したオイルを紹介しています。こちらも合わせてどうぞ。

Koi(コイ)のCBDオイルを徹底レビュー

Koi(コイ)はCBDの本場アメリカのブランドです。

CBDオイルの製品スペック

Koi(コイ)のCBDオイルの商品画像

容量30ml
濃度3.3%6.6%
成分ブロードスペクトラム
オイルMCTオイル
フレーバー6種類
税込み価格9,720円14,580円
ECサイトの商品説明ではブロードスペクトラムとなっていますが、箱にはフルスペクトラムの記載があります。ECサイトに問い合わせたところ、「フルスペクトラム製法なので箱はフルスペクトラムの記載になっている。しかしTHC(日本で違法の成分)が除外されるので、厳密にはフルではない。ブロードスペクトラムが正しい。KoiのCBDオイルだけ紛らわしい記載になって申し訳ない」との回答をいただきました。

成分を詳しく見るとKoi(コイ)のCBDオイルは、カンナビノイドを豊富に含んでおり、ほぼフルスペクトラムと言っても過言ではありません。

また2018年にはCBDエキスポ・オイル部門で最優秀賞を受賞しており、多くのCBDユーザーから人気がある製品です。

成分の種類

CBD以外のカンナビノイドCBD感価格
フルスペクトラムCBG,CBDVなど豊富に含む強い高い
ブロードスペクトラムすこし含むやや強いやや高い
アイソレート含まない(CBDのみ)弱い低い

Koi(コイ)のCBDオイルは、ブロードスペクトラムです。しかし他のブロードスペクトラム製品に比べて、かなり豊富にCBD以外のカンナビノイドが含まれています。

Koi(コイ)CBDオイルの詳しい成分

Koi(コイ)のCBDオイルは、フルスペクトラムの製法で製造されており、豊富な種類のカンナビノイドを含みます。

つまり「ほぼフルスペクトラム」と言っても過言ではないということ。実際に成分を見ても、CBG,CBDVなどが多く含まれていることが分かります。

オイルの種類

Koi(コイ)のCBDオイルは、MCTオイルです。

MCTオイルココナッツオイルが原料。飲みやすい。
オリーブオイルオリーブが原料。やや苦い。
ヘンプシードオイル麻の種が原料。苦い。

オリーブオイルやヘンプシードオイルは、おもに高級なCBDオイルで採用されます。しかし味は苦い。

MCTオイルは多くのCBDオイルに使われており、味にクセがなくサラサラと飲みやすいことが特徴です。

フレーバーの種類

ナチュラル素材を活かした草感のあるヘンプの味
オレンジ売れ筋。飽きの来ないフレッシュなオレンジの味
スペアミントスッキリ爽やかなミントの味
レモンライムジューシーなレモンとライムの味
ペパーミントほんのり甘い爽快ミントの味
ストロベリーやわらかい甘さのストロベリー味

Koi(コイ)のCBDオイル使ってみた

濃度3.3%(CBD1000mg)タイプ、フレーバーは売れ筋のオレンジを使ってみました。

STEP.1
KoiのCBDオイルを用意
Koi(コイ)のCBDオイルと箱
STEP.2
フタを開ける
フタはチャイルドロック機能があり、押し込みながら回すと開きます。Koi(コイ)のCBDオイルの瓶
STEP.3
舌下で摂取する
CBDオイルを口に含んだら、舌下(舌の裏)で1分ほどキープしてから飲み込みます。舌下には毛細血管がつまっており、CBDの吸収効率が高まるからです。

CBDオイルって味が苦いと、毎日継続して飲むのがシンドイです。しかしこのCBDオイルはトップクラスに美味しい。

ほんのり草感もありますが、濃厚な甘さが味わえます。これなら毎日でも飲めそう。容量も30mlと、2ヵ月以上は楽しめる大容量で嬉しいです。

MEMO
もう1つトップクラスに美味しいCBDオイルが「CBDfx」のオイル。KoiとCBDfxの2強です。Koiが草感ありつつ濃厚な甘さ。CBDfxはあっさり甘く草感なし。価格は同じくらいで、CBDfxのオイルは安全と高品質にこだわった逸品で紹介しています。

悪かった点

強いて言えば、価格は安くないです(9,720円 / 14,580円)。Koi(コイ)のCBDオイルより安いCBDオイルは、探せばいくらでも見つかります。

しかし美味しいCBDオイルで、成分はほぼフルスペクトラムという高スペック。これはKoiの他にありません。CBDエキスポで最優秀賞を受賞した理由が分かります。

Koi(コイ)の安全性【口コミも紹介】

Koi(コイ)CBDオイルの成分分析表

Koi(コイ)は公式サイトにて「各製品の成分分析表」を公開しており、上記のように、違法成分のTHCが含まれないことを確認できます。

参考 成分分析表のPDFを見るKoi公式サイト

またCBD製品の輸入には、必ず厚生労働省からの許可と、税関の厳しいチェックを受ける必要があります。まず安全で間違いない。

Koi(コイ)CBDオイルの口コミをチェック

オレンジフレーバーを購入しました。CBDオイルの初めてがこの子で良かった(中略)何より味がとても美味しくて、さらさらしていて口に含みやすいですし後味もさっぱりしてます。仕事が不規則な為寝つきが悪く中途覚醒もありましたが、これを数滴服用後に寝ると、中途覚醒も無く、寝起きもスッキリ!

値段と容量の比率、コストパフォーマンスが良かったので購入しました。(中略)使用は夜寝る前にしています。注文してからもすぐに発送対応してくれました。あまりこだわりませんが、箱が少し潰れてしまっていたので星4つとさせて頂きました。なくなってもまた注文してリピートしたいと思っております。次は濃度やフレーバー、メーカーを変えても新鮮で面白いかもしれません^_^

箱が潰れていたという話ですが、運送業者が原因の可能性もあります。誰が悪いとも言えないところ…。しかし中身はキチンとした製品なので、大きな問題ではないでしょう。

以前このブランドのNaturalを摂取していたことがあり、改めてリピートしてみました。クセがなく、摂取しやすいです。(中略)1日の量を決めて摂取しています。お値段もお手頃で助かります。またリピート予定です。

上記はすべてCBDMANiAから引用しました。

次に悪い口コミを探したのですが見つからなかったので、別サイトから悪い口コミを引用します。55件のうち3件だけ悪い口コミがありました。1つを引用します。

期待し過ぎない方がよいかも
配送や梱包には満足していますが、残念ながら他の方のレビューほど効果を感じていません。量を少しずつ増やしながらもう暫く様子をみて、場合によってはリキッドも検討したいと考えています。

仕方のないことですが、どんな製品でも効果には個人差ありです。ここで一旦、Koi(コイ)CBDオイルの特徴をまとめます。

・価格は高すぎず低すぎない
・とにかく美味しくて飲みやすい
・そのかわりCBD感は優しめ

Koi(コイ)のCBDオイルは、最上級のCBDオイルではありません。しかし飲みやすい美味しい味で、ほどほどにCBDを体感できます。

決して安くない価格ですが、味が良くて飲みやすいCBDオイルなら欲しい!と思える人は、ぜひ使ってみてください。


最強のCBDオイルや最安のCBDオイルなど、他のCBDオイルに興味がある方は下記から探してみてください。

» 初めてのCBDオイルおすすめランキング12選【徹底比較】

Koi(コイ)のCBDオイルと他社CBDオイルを比較

3つの成分ごとに、1つずつ比較対象を選びました。

Koi(コイ)のCBDオイルと他社のCBDオイルを比較した画像

Koi(コイ)のCBDオイルは、30mlと容量が大きいので価格もそれなりにします。次に、詳しい成分を比較してみます。

Koi(コイ)のCBDオイルと他社のCBDオイルの成分を比較した画像

Koi(コイ)とCannaTech(キャナテック)は、どちらもブロードスペクトラムです。

しかし画像を見ると、CBD以外のカンナビノイド量が明らかに違います。Koiが圧倒的に上。

CannaTechがアイソレート寄りのブロードスペクトラムなのに対して、Koiはフルスペクトラム寄りのブロードスペクトラムです。

Koi(コイ)のCBDオイルは美味しくCBDを楽しみたい人向け

表を見ると、Koi(コイ)のCBDオイルは決して安くないことが分かります。

しかし美味しいCBDオイルの中では、最上級のCBD感が味わえる一品です。

そこそこにCBDを体感したいけど、味も美味しいCBDオイルがいいな!と考えている人にピッタリですね。

味にこだわりがない人は別オイルを

味にこだわりがないのであれば、苦いけど最強のCBDオイル、なんてものもあります。気になる方は、下記からどうぞ。

» 初めてのCBDオイルおすすめランキング12選【徹底比較】

Koi(コイ)のCBDオイルを20%OFFで購入する方法

KoiのCBDオイルは、楽天とCBDMANiAで販売されています。

ただし購入を検討するなら、CBDMANiA一択です。

CBDMANiAは20%OFFクーポンあり

CBD専門ECサイトの「CBDMANiA」では、無料会員登録した人に20%OFFクーポンを配布しています。

定価20%OFFの価格
濃度6.6%14,580円11,664円(2,916円OFF)
濃度12%9,720円7,776円(1,944円OFF)

価格の低い濃度3.3%でも、約2,000円引きです。これを利用しない手はない。

無料で会員登録する方法

STEP.2
人形マークをクリック
人形のマークをクリック
STEP.3
新規会員登録を選択
CBDMANiAに新規会員登録する方法
STEP.4
必要事項を入力
会員登録するために必要事項を入力する

以上で会員登録は完了です。登録したメールアドレスに、完了の通知とクーポンコードが送られてきます。

CBDMANiAって安全なの?

CBDMANiAは日本の企業が運営するサイトで、ポイント還元率が高い(10%を超えることもある)ため人気です。

CBDユーザーのあいだでは、楽天よりCBD製品が安く変えることで有名。人気商品はフレーバーの売り切れが出ることも多いです。

僕も個人的に利用しており、手続きや配送でトラブルに合ったことはありません。ご安心を。

CBDMANiAでの購入手順

STEP.2
フレーバーを選ぶ
フレーバーを選んでカートに入れる
STEP.3
購入手続きへ進む
購入手続きへ進む
STEP.4
クーポンコードを入力する
クーポンコードを入力する
STEP.5
支払い方法を選ぶ
支払い方法を選択する
STEP.6
注文を確定する
クーポンで1,944円OFF。さらに972円分のポイントがもらえるみたいです。注文を確定する

以上で完了です。画面に従うだけの簡単な操作だったので、1分もかかりませんでした。

Koi(コイ)CBDオイルでよくある質問

個人の体重によって適量は変わってきます。参考までに、体重60㎏であれば1日の推奨CBD量は20mgです。

CBD20mgをPharma Hemp(ファーマヘンプ)のCBDオイルで摂取しようと思ったら、下記のようになります。

濃度3.3%12滴0.6ml
濃度6.6%6滴0.3ml

なお文献によると、1日1500mg(適量の75倍)のCBDを摂取しても、健康に害を及ぼさなかったデータがあります。

つまり神経をすり減らして、厳密に計らなくてもOK。表より少なくても多くても問題なし。クスリではないので、CBDは気軽に楽しんでください。

朝昼晩いつでもOKです。ちなみに、おすすめは夜ですね。

あとは寝るだけの時間に、ゆったり音楽を聴きながらCBDオイルの楽しむ。そんな優雅な夜を過ごすと、翌朝スッキリ目覚められます。

これは僕の意見ですが、雰囲気づくりをしてCBDオイルを使うと、よりはっきりとCBD感を味わえます。ぜひお試しを。

目安として「濃度6.6%」なら、1日6滴(0.3ml)で100日もつ計算になります。「濃度3.3%」なら1日12滴(0.6ml)で50日。

もちろん使用状況によって個人差はあります。1ヶ月で使い切る人もいれば、3ヵ月以上もつ人もいます。

直射日光の当たらない涼しい場所で保存してください。必ずしも冷蔵庫に入れる必要はありませんが、品質の劣化が気になる方は冷蔵庫に入れることです。家の都合で冷蔵庫に入れずらい人もいるかと思いますが、常温でも問題なしです。

まとめ:Koi(コイ)のCBDオイルほんのり甘くて美味しい

Koi(コイ)のCBDオイルの商品画像

容量30ml
濃度3.3%6.6%
成分ブロードスペクトラム
オイルMCTオイル
フレーバー6種類
税込み価格9,720円14,580円
・価格は高すぎず低すぎない
・とにかく美味しくて飲みやすい
・そのかわりCBD感は優しめ

この記事では、Koi(コイ)のCBDオイルを実際に使った感想と、どんな人にピッタリのCBDオイルか?を解説しました。

美味しいCBDオイルで、成分はほぼフルスペクトラムという高スペック。これはKoiの他にありません。

そこそこにCBDを体感できて、味もしっかり美味しい理想的なCBDオイルです。しかし決して安い価格ではありません。それでもいい方のみ使ってみてください。

他のCBDオイルに興味がある方へ

最強のCBDオイルや最安のCBDオイルなどは「初めてのCBDオイル!おすすめランキング12選【徹底比較】」の記事でまとめています。参考にしてください。