コスパ最強AZTECリキッドが今だけ20%OFF【クーポンあり】

ファーマヘンプのCBDワックスを吸ってみた【ワックス界の登竜門】

ファーマヘンプのCBDワックス【ワックス界の登竜門】

おたく君

Pharma Hemp(ファーマヘンプ)のCBDワックスに興味あるけど、ぶっちゃけどうなの?見た目とかヤバそうだけど安全?吸引したらどうなる?

こんな悩みを解決していきます。

他ブランドでおすすめのワックスは「【徹底比較】おすすめCBDワックスTOP5【最高ランクのCBD】」にて紹介していますので、あわせてご覧ください。

Pharma Hemp(ファーマヘンプ)のCBDワックス【製品スペック・比較】

まずは製品のスペックです。

濃度とフレーバー

CBDワックスそのものが上級者向けということもあり、フレーバーは一種類です。

濃度ワックス界では低い68%
フレーバー特有の草っぽい香り

個人的に草っぽいヘンプの匂いが好きなので嬉しい。CBDに慣れている人にはたまらないフレーバーです。

他社のCBDワックスと比較

他社と比べて濃度が低いPharma Hemp製CBDワックス。そのおかげか少し低価格。

しかし数少ない希少なフルスペクトラム製品ですから、それなりの値段です。

容量は1gにそろえて比較します。

成分と濃度容量税込み価格
Pharma Hemp(ファーマヘンプ)フルスペクトラムCBD・68%1g8,900円
AZTEC(アステカ)ブロードスペクトラムCBD・90%1g9,800円
和みアイソレートCBD・99.6%1g7,480円

ちなみにアイソレートは成分がCBDのみ。ブロードスペクトラム・フルスペクトラムは「CBD以外の成分も入っている」という意味です。

CBD以外のカンナビノイドが多く含まれるフルスペクトラムの方が強めのCBD感が得られ、それぞれの製造法によって名前が呼び分けられています。

詳しく成分を比較

ファーマヘンプCBDワックスと他社製品を比較した画像

フルスペクトラム製品である「Pharma Hemp」のワックス。多くのカンナビノイドが含まれていることが分かります。

Pharma HempのCBDワックスの成分を表した画像

これによって、濃度が低くてもガツンとした特別なCBD感を体感できるのです。


他のCBD製品が気になった方は「CBDワックスの人気ランキング」をご覧ください。

「1g」なんてスグ無くなりそう…

容量の「1g」が少ないように見えるかもですが、実際は1ヶ月で使いきれないくらいの量。

毎晩のように使いましたが1ヶ月以上は無くなりませんでした。

効果が強めで一度にたくさん吸えないので、リキッドより長持ち。

結論:ワックスの入口にピッタリ

Pharma Hemp(ファーマヘンプ)のCBDワックスは、リキッドに飽きてワックスに挑戦したい人にピッタリです。

CBD製品で見れば濃度は高いですが、CBDワックスの中で見れば抑えめの濃度。初めてのワックスに丁度よかった。

つまりCBDワックスはまず「Pharma Hemp(ファーマヘンプ)」から始めよです。

ぜひフルスペクトラムCBDワックスでしか味わえない特別なCBD感を味わってみてください。

Pharma Hemp(ファーマヘンプ)のCBDワックス【レビュー】

以前から興味のあったPharma Hemp(ファーマヘンプ)のフルスペクトラムCBDワックスを購入しました。

購入した動機

Pharma Hemp(ファーマヘンプ)のCBDワックスは、有名ブランドのCBDワックスでいちばん濃度が低かった(68%)からです。

安心と吸いやすさの良いとこ取り

CBDリキッドに慣れてきたころ、「そろそろCBDワックスに挑戦したいな」と好奇心が湧いてきました。

しかしCBDワックスについてリサーチすると「効果が強い、CBD感がキツイ」らしい。そのため「吸引がツラかったら嫌だ。お金払うのにもったいない」と完全にビビります。

初めてのCBDワックスでしたから有名ブランドの「安心感」と、フルスペクトラムで「本物のCBD感」を味わえて、かつ濃度が低くて「吸いやすい」製品を探しました。

これに該当したのが「Pharma Hemp(ファーマヘンプ)のCBDワックス」です。

ファーマヘンプのここがダメ

やはりワックスですから、それなりに刺激が強めな点がネックですね。

そのためリキッドが未経験の人にはおすすめしません。リキッドでCBDの吸引に慣れてからワックスに挑戦すべきです。

心地よいCBD感【大人の嗜好品】

実際に使ってみると狙い通りでした。「今回も良い買い物ができた」と1人でニヤニヤ。

フルスペクトラムで強めな刺激ながらも濃度は抑えめ(68%)、心地よくCBD感を味わえました。

リキッド60%とはワケが違う

CBDワックスの準備として「濃度60%・フルスペクトラムCBDリキッド」を吸って、高濃度CBDに身体を慣らそうと考えました。

しかし、いざ両者の吸い心地を比べてみると使用感は全くの別モノです。

ノドへのキック感や吸った後のフワッとするCBD感は、圧倒的にCBDワックスの方が強かったです。これは嬉しい誤算でしたね。

寝る前の吸引がベストな件について

我慢できるレベルに強めなCBD感で頭がフワッときたため、そのままベッドへ直行。自然と眠りにつけました。

現在も継続して吸っていますが、睡眠に波がなくなって生活の質が安定したと感じています。

あと最近になって気づいたのは、朝に起きてベッドからスッと出られるようになったことですね。これも寝る前のちょっとした時間に「CBDタイム」を作っているからだと思います。

まとめ:ファーマヘンプのCBDワックスを吸ってみた【ワックス界の登竜門】

Pharma Hemp製CBDワックスの総評
  • 同じ濃度のリキッドより強いCBD感
  • CBDワックスの中では低濃度(68%)
  • 初めてのCBDワックスに最適

CBDワックスは上級者向けでノドへのキック感はありますが、その分ガツンとCBD感を味わえます。

しかしPharma Hempのワックスは濃度が控えめです。そのため初ワックスにはピッタリ。いわばワックス界の登竜門ですね。ここを超えてから他のワックスに手を出せ!てきなやつ。

CBD製品を使い始めてから生活リズムの波が整って身体の調子もよく、今では無くてはならない存在になりつつあります。

リキッドでCBDの吸引に慣れている人であれば、今すぐでもCBDワックスを試してみてください。きっとワックス特有の強めなキック感やフワッとくるCBD感がヤミツキになります。

今日からと言わず、ぜひ今からCBDライフをお楽しみください。

他ブランドCBDワックスはこちら

»【徹底比較】おすすめCBDワックスTOP5【最高ランクのCBD】